カミソリを使い続けていたらワキが黒くなった

私は今まで、体毛の自己処理にはカミソリを使っていました。女性用は軟弱で剃り具合も悪いので、男性の顔用の、5枚刃が特にお気に入りでした。

それでしたら余程ムダ毛を伸ばしていない限り1発で綺麗に決まりますし、ケアも時短で忙しい私には必需品でした。

しかし、この処理には問題点がありました。それは意図せずにカミソリ負けを作ってしまうということです。

特にワキのような窪みがあって形が複雑な所は、傷つけてしまいがちでした。少し痛痒いなと思って見ると、案の定線のように赤くなっていることがありました。

やはりカミソリ負けは痒く、気がつけばそこに手が行ってしまいました。服の上から掻くならまだマシだったのかもしれませんが、快楽の強さは直掻きには叶いません。

そして少し経ってふとワキを鏡に移すと、高頻度な自己処理やその傷と摩擦による色素沈着によって脇 黒い状態に…薄っすらと黒ずんでいるように見えました。

私は少し後から脱毛サロンに通うようになったのですが、その時に剃毛は電気シェーバーでやることをオススメされました。

せっかくだからと買って使ってみた所、カミソリよりは肌に傷が付きません。

傷もつかなければ色素沈着だってないし、最初から電気シェーバーで処理してればよかったと思いました。