子供の頃の理想とか今になって見返すと恥ずかしいですね

子供の頃の日記帳を何故か急に見たくなり、パンドラボックス(ただのダンボールです)の封印をときました。
というのも、学生時代の友人と電話をしていたら子供の頃の夢とかそんな話になったためです。
今は平凡な主婦の私にも昔は色々夢があったなあなんて思い、ついつい日記帳を見返してしまいました。
…いやもう、何といいますか子供の頃の大人になった自分の理想の高さが見ていて申し訳なくなります。
子供の頃の自分はどれだけ自分という人間に希望を見出していたのだろうかと。
それに当時好きだった漫画やアイドルの事も書いていて、すごく懐かしくなりました。
好きな男子の名前を伏せ字で書いてあるのは、きっと誰かに読まれたときのために隠していたんでしょうね。
今でもその男の子名前はずっと覚えています。
大人になったらこんな職業につきたい、こんな人と結婚したいなんて理想を読んでいると、今の私で子供の頃の私は満足してくれるのかななんて考えてしまいます。
それでも旦那と出会って子供も授かり平凡だけど幸せに暮らしているんだよと、子供の私に伝えたいような気持ちにもなりました。
きっと子供の頃の私もそれを聞いたら喜んでくれるんじゃないかななんて思うのです。